アニメのおすすめなどを語るブログ

主にオリジナルアニメの感想と考察を管理人が書いて楽しんでいるブログ。皆様のコメントをどしどしお待ちしています!

ハッピーシュガーライフ 5話 感想&考察!さとうの今後と太陽のガチ台詞をまとめた

第5話「罪の味、罰の味」

f:id:rakutenpocket2:20180811145016p:plain

ーバカバカバカ!何なのよ!きもいのよバカ!イケメンのくせに!(しょうこ

 

やばいよ…。とうとうしょうこまでこの世界に入り込んでしまった…。何かもうBパートは一周回って色々笑えてきたぞい。

というわけで、ハッピーシュガーライフ第5話「罪の味、罰の味」の感想と考察を書いていきます。5話までのネタバレがありますので、未視聴の方はご注意を!

(注意:管理人は原作未読です。ご了承を)

ハピシュガ 5話のあらすじ&ネタバレ

しおの元気がないことでさとうも元気を失い、彼女のことをすみれが心配します。実はすみれはさとうのことが好きでした(4話ラスト参照)。

業後にすみれはさとうに告白をします。さとうが好きだからかばんもメイクもシフトも揃えたことも。更に、すみれはさとうの家族についても詮索していました。

f:id:rakutenpocket2:20180811125032p:plain f:id:rakutenpocket2:20180811125038p:plain

 

さとうはすみれにキスをします。それは勿論すみれを黙らせるためで…。「苦さ」を感じたさとうは急いで家に戻りますが、しおが頭を抱えて苦しんでいました。

一方、しょうこは太陽のお見舞いのため家を訪れます。しょうこが見た太陽の部屋の中は一面のしおの写真。太陽の天使発言にしょうこは全く理解を示せません。

f:id:rakutenpocket2:20180811131341p:plain f:id:rakutenpocket2:20180811131426p:plain

 

しおはさとうにあの夜に、さとう以外の人と話してしまったという「罪」を告白します。さとうもしおに対して自分の「罪」を告げます。

それは殺人を犯したことかと思いきや…。彼女の「罪」はしお以外の人に「好き」と告げたことでした。殺人すらも「罪」と感じないさとう。

こうして、彼女たちはハッピーシュガーライフを取り戻しました。

f:id:rakutenpocket2:20180811135415p:plain f:id:rakutenpocket2:20180811135655p:plain

 

以上です。

5話の感想と考察

4話までに比べると、基本情報が出そろってきたこともあり、考察要素はやや少なめでした。ヤバいものをヤバいと思わなくなってきた自分がいます()

揺らぐハッピーシュガーライフとさとうの方策

4話の考察で書いたようにハッピーシュガーライフは崩壊に向かう…と思いきや、しおが自分の「嘘」をさとうに告白し、2人の関係性は元に戻りました。

www.anime-kousatsu.com

 

4話考察ではさとうの圧から無意識に逃れるために嘘をついた…と書きましたが、こんなにも早くしおが自分の嘘を告白したのは意外です。

しかし、逆にさとうが「誰と話してたの?」と聞いた瞬間に太陽の命がカウントダウンを迎える可能性があります。太陽くん、超逃げて!!

 

すみれといい、太陽といい、北埋川といい、さとうに目を向ける人物の数が話が進むたびに増えています。

5話のラストでしょうこの背後に現れたあさひの行動によっては、しょうこもさとうの詮索を進めるかもしれません。

上のような状態になったときのさとうの行動は「邪魔者を1人ずつ排除する」とばかり持っていましたが、ここにきてもう1つの可能性が考えられます。

 

ヒントは何度か登場している飴玉が入ったビン。つまり、

周囲との接触が無いビンを作り出す=どこか遠くへ逃避する

ということです。

 

もしくは、人心掌握に長けるさとうのことです。各キャラの自分への好意・しおへの好意を上手く利用し

自分以外の人物に邪魔者を排除させるように仕向ける

可能性もあります。もうすみれは完全にさとうに(身も)心も委ねていますからね。他の人物をコマとして扱い、自分の幸せな生活を守る…。

さとうであればそれぐらいはやりかねないでしょう。

次の犠牲者は太陽か、しょうこか

てっきり4話までを見る限り、太陽と北埋川が最初に接近すると思っていましたが、意外にも太陽の異常性に最初に気がついたのはしょうこでした。

これでめでたく一般人枠のしょうこも狂った世界を目撃することになってしまったわけですが…。6話でのあさひとのやり取りには注目が集まります。

f:id:rakutenpocket2:20180811145203p:plain

 

しょうこは太陽から「さとうがしおを誘拐しているかもしれない」ということを聞きました。現時点でさとうの家を知っているのはしょうこと教師である北埋川だけです。

太陽から聞いた話、次回あさひから聞くかもしれない話…。しょうこがさとうの家を訪れてしまう可能性までありそうです。単独で行くのはダメ、絶対。

 

上の見出しでも書いたように、さとうの次の一手は周囲の人物を利用して、邪魔者を排除することだと思っています。

太陽にしろ、北埋川にしろ、しょうこにしろ、最初にさとうの家を訪れてしまった人物にBADENDが訪れそうな予感です。

全てを与えるさとう叔母と全てを禁じるしおの母?

6話の予告にあった内容ですが、さとうはこう語っています。

「私にはそれが化物に見えた。それが優しすぎたから」

1話から断片的に描かれているさとうの叔母は、常に包帯?らしきものを付けているものの、さとうに暴力を振るったりしている様子は一切ありません。

 

さとうの叔母の生死はいまだに分かりませんが、さとうの叔母は「優しすぎた」のではないでしょうか。それが無償の愛だと言わんばかりに。

なぜ、さとうの叔母は包帯をしていて、さとうの両親はいないのでしょう。ひょっとすると、さとうも両親から虐待を受けていて、それを見た叔母が両親を殺した…とか?

さとうを守ることが「愛」。これは今さとうがしおにしていることと同じ雰囲気を感じます。

f:id:rakutenpocket2:20180811143109p:plain f:id:rakutenpocket2:20180811143118p:plain

 

一方、しおの母親については「外に出たの、ダメって言ったのに!」という発言が聞かれました。しおの母親の正体については4話で考察しましたが、あさひと別れた後のしおの母親はヒステリックで厳格な印象です。

さとうの叔母の想像人物像とは真逆の性格…のように見えます。だからこそ、ありのままの自分を受け入れてくれるさとうにしおは懐いたのかー、と。

今回は2人の過去をがっつり考察することはできませんでしたが、この辺りの情報も頭に入れつつ6話以降を見ていきたいですね。

太陽くんのコメントをまとめてみた

最後に汎用性の高そうな太陽&しょうこのやり取りをまとめるよ!!しおのポスターへのヘッドスライディングの躍動感がすごい。

これパンツ覗こうとしてるんじゃなくて、ポスターを守るためにやってるんだぜ…。

f:id:rakutenpocket2:20180811141032p:plain

 

①しおのポスターを踏まれて:「僕の天使を…足蹴りにするなんて…」

なんて言ってるかよく聞き取れませんでした(笑)

ポスターに写るしおも太陽にとっては現実のしおと同じぐらい大切なもの。そんな彼の思いが伝わってくる一幕です。

対して、飛騨しょうこさんのコメントはこちら。

f:id:rakutenpocket2:20180811131426p:plain

「何言ってんの、この人!?」

 

②しおの正体を聞かれて:「こうしてあの子に囲まれていると、ほんの少しだけ綺麗になっていく気がするんだ」

自分がピュアになるためにも、ピュアの化身であるしおに触れ、触れられることで自分の心も綺麗になっていく、という崇高な理論をしょうこに熱弁します。

しおを愛でる宗教とか創設しよう、そうしよう。

対して、飛騨しょうこさんのコメントはこちら。

f:id:rakutenpocket2:20180811131426p:plain

「意味が分からない…」

 

③さとうがしおを誘拐する理由:「(さとうが)天使を独り占めするために決まってるじゃないかぁぁぁぁぁぁ!」

まあ実際に誘拐してるんですけどね…。これも大事なしおに危害が及ばないかを心配した上での発言。ひょっとすると、彼はすごい紳士なのかも。

こんなやり取りの後、家を飛び出したしょうこは電柱にもしおのポスターが貼ってあるのを見て絶望します。

対して、飛騨しょうこさんのコメントはこちら。

f:id:rakutenpocket2:20180811131426p:plain

「さわんなバカ、バカあああ!
きもいのよ、イケメンのくせに!」

 

もはやギャグのようにも感じたやり取り。狂人と一般人が話すとこうなるのか…。

アニメ「ハッピーシュガーライフ」5話の感想まとめと6話に向けて

ハピシュガはAmazonプライムビデオにてネット上では独占配信されています!30日間の無料お試し体験もできますので、これまでの振り返りにもぜひ。

 

というわけで、ハピシュガ5話の感想記事でした。この町に住んでいるとみんなどこかおかしくなるホラーアニメなのかもしれないと思い始めた今日この頃です。

ひとまずさとうとしおの関係はひと段落したので、外野からの接触に彼女らがどう対処するのかが楽しみです。

第6話は「私たちは、月の周りを回っている」です。それでは、この辺で。