アニメのおすすめなどを語るブログ

主にオリジナルアニメの感想と考察を管理人が書いて楽しんでいるブログ。皆様のコメントをどしどしお待ちしています!

2019年冬アニメ おすすめ作品をランキングで紹介!豊作?不作?

みなさん、こんにちは。

個人的には「超豊作クール」だった2018年の秋が終了し、早くも2019年のアニメがスタートします。

というわけで、2019年冬アニメのおすすめ作品をランキング形式で発表していきます。ぜひ来期視聴のお役に立てればと思います!

評価方法

いつも通り、競馬の印を参考に、期待アニメに印付けをしていきます。

 ・◎…2018夏アニメの本命。
 ・〇…2018夏アニメの2番手評価。
 ・▲…2018夏アニメの3番手評価。
 ・△…◎〇▲には及ばないものの、期待度が高いアニメ。
 ・☆…一発逆転がありそうなアニメ。ダークホース的存在。

2019年冬アニメ おすすめランキングはこちら!

来期のおすすめ順は以下の通りです。なお、自分はあまりラノベ原作のアニメに手を出さない傾向が強いです。ぜひ、「これも面白いよ!」という作品があれば教えてください。

◎:五等分の花嫁

〇:エガオノダイカ

▲:revisions(リヴィジョンズ)

△:荒野のコトブキ飛行隊、えんどろ~、魔法少女特殊戦あすか、約束のネバーランド

☆:ケムリクサ

各アニメの声優・監督・ストーリー・放送予定・一言コメントなど

というわけで、それぞれのアニメの情報・自分が期待するポイントなどの紹介です!

◎評価:五等分の花嫁

f:id:rakutenpocket2:20181226005829p:plain

原作:春場ねぎ(「週刊少年マガジン」連載)

監督:桑原智(「ブラック・ジャック」シリーズなど)

アニメーション制作:手塚プロダクション

主な声優:松岡禎丞、花澤香菜、竹達彩奈 など

地上波最速on-air:1月10日(木)25:28~@TBS

ネット配信:GYAO!など

 

ストーリー
貧乏生活を送る高校2年生・上杉風太郎のもとに、好条件の家庭教師アルバイトの話が舞い込む。ところが教え子はなんと同級生! しかも五つ子だった!!

個性豊かな中野家の五つ子は全員美少女、だけど「落第寸前」「勉強嫌い」の問題児!

最初の課題は彼女たちからの信頼を勝ち取ること・・・!? 毎日がお祭り騒ぎ! 中野家の五つ子たちが贈る、かわいさ500%の五人五色ラブコメ開演!!

※掲載情報、画像等はTVアニメ「五等分の花嫁」公式ホームページ|TBSテレビより引用。

 

一言コメント

どの作品を本命視しようかかなり悩みましたが、以前から原作を読みたいと思っていたこの作品にしました。

キャラデザもよく、ストーリーを見る限り笑えて気軽に見られる作品になりそうです。文字通りの「お祭り騒ぎっぷり」を見せてくれることに期待しています。

 

こんな五つ子のいる家にいったら頭爆発するってばよ…!

声優陣も超有名どころを集めており、このアニメへの力の入れ具合を感じられます。そして、アニメーション作成は「手塚プロダクション」

シナリオやキャラのかわいさもさることながら、これらの点にも注目していきたいと思います。

五等分の花嫁(1) (週刊少年マガジンコミックス)

五等分の花嫁(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

〇評価:エガオノダイカ

f:id:rakutenpocket2:20181226010748p:plain

原作:オリジナル

監督:鈴木利正(「劇場版 蒼穹のファフナー」など)

アニメーション制作:タツノコプロ

主な声優:花守ゆみり、花澤香菜、松岡禎丞 など

地上波最速on-air:1月7日(月)22:30~@TOKYO MX

ネット配信:WOWOW(地上波先行)、Amazonプライムなど

 

ストーリー

地球より遥かかなたの星にある、笑顔に溢れた王国。王女のユウキは十二歳、そろそろ多感なお年頃。毎日泣き、笑い、時にはときめいたり…?しながら、王宮で楽しく暮らしている。

日々を彩るのは、忠実な家臣たち。教育役のレイラ、政治を補佐するイザナ、騎士団総長ハロルド、そして……幼馴染の側近、ヨシュア。

 

「ユウキ!気合と根性さえあれば、何だってできる!」
「……もうっ。またそれ~!?ヨシュア、もっと貴族らしくしてっ!」

 

ステラは十七歳、有能かつクールな軍人。けれど微笑みはいつも絶やさない……笑顔は生きるためには、欠かせないから。

これは、遠い星に生まれた、二人の少女の物語。

※掲載情報、画像等はTVアニメ「エガオノダイカ」公式サイトより引用。

 

一言コメント

オリジナルアニメの筆頭候補です。

サイトの画像を見ると、2人の少女の説明は「笑顔で世界を救う少女」「笑顔でしか自分を守れない少女」とのこと。2帝国の2主人公体制による物語のようです。

ストーリーで「軍人」というフレーズが出てきたこともあり、PVを見るとロボットアニメの様子。少なくとも生易しい展開にはならなそうで今からハラハラしています。

監督は「あの」ファフナー劇場版の監督である鈴木さん!

…やめろよ、絶対にやめろよ?と今のうちからフラグを立てておきましょう(笑)

 

2帝国の展開をどう上手に見せてくれるのかが作品を楽しむキーになりそうです。

よくタイトルを見て漢字に直すと「笑顔の代価」なんですよね…。やっぱり鬱よりのきつい作品でしょうか。

 

【追記:1話の感想・考察はこちらから!】

www.anime-kousatsu.com

▲評価:revisions(リヴィジョンズ)

f:id:rakutenpocket2:20181226012630p:plain

原作:オリジナル

監督:谷口悟朗(「コードギアス叛逆のルルーシュ」など)

アニメーション制作:白組

主な声優:内山昂輝、小松未可子、高橋李依 など

地上波最速on-air:1月9日(水)24:55~@フジテレビ

ネット配信:NETFLIXなど

 

ストーリー

7年前のあの日、彼女は言った。俺たちにいつか大変な危機が訪れる。

みんなを守れるのは俺だけだと。誰も予言を信じていないけど、俺は毎日トレーニングして、常に大事な仲間を守ってる。

そんな俺を認めてくれるように、俺と4人の仲間に一通のメールが届いた。

そう。予言のときが、ついに、きたんだ……!

※掲載情報、画像等はTVアニメ「revisions リヴィジョンズ」公式サイトより引用。

 

一言コメント

コードギアス×サイコパス×WUG…ラインナップだけ見れば超大作にならないとおかしいぐらいのスタッフ陣が集結したアニメです。

物語としては、典型的な「異生命体?vs人間たち」といった構図。更には人間軍はロボットでの戦闘がメインになるようです。(白兵戦もある?)

 

至ってオーソドックスな掴みに、どのような味付けをした作品が見られるのか非常に楽しみです。

一方で、自分はこういうタイプのアニメは「合わない」と感じると視聴をやめてしまう傾向にあるので、その分エガオノダイカよりも評価を下げました。

どうしてもこの手のアニメは”究極体”のファフナーと比較してしまいます。

 

迫力のあるバトルシーンも見られそうで、そちらも楽しみな作品です。

扱うテーマがテーマだけにリヴィジョンズについても、「重たい展開」は避けられなさそうな予感がします。それを乗り越えて、素敵な物語を見せてほしいですね!

△評価:荒野のコトブキ飛行隊

f:id:rakutenpocket2:20181226014604p:plain

原作:オリジナル

監督:水島努(「ガールズ&パンツァ―」など)

アニメーション制作:GEMBA

主な声優:鈴代紗弓、雪村恵理、瀬戸麻沙美 など

地上波最速on-air:1月13日(日)22:30~@TOKYO MX

ネット配信:Abema TV、アニメ放題など

 

ストーリー

一面の荒野が広がる世界に空から突然、色々なものが降ってきた。

それらは、人々の生活を急激に変えた。とりわけ飛行機がもたらした影響は大きく、以降、世界の潮流は空へと移っていった。

時は流れ――、雇われ用心棒“コトブキ飛行隊”は、厳しいが美しい女社長、頼りない現場の指揮官、職人気質の整備班長など個性的な仲間たちと、お客様の大事な積み荷を守るため、今日も隼とともに大空を翔けてゆく。

※掲載情報、画像等はTVアニメ『荒野のコトブキ飛行隊』公式サイトより引用。

 

一言コメント

皆さまおなじみの「ガルパン」水島監督が今度は戦闘機を扱ったオリアニを製作しました。おまけに、横手さんとのコンビは「SHIROBAKO」と一緒です。

文字だけでストーリーを見た際は「お仕事系アニメかな?」と思いましたが、PVやサイトの「戦闘機」の項目、TOPページの「毎日が空戦」という語り文句を見るとそういうわけでもないようで…。

雰囲気的には、「本気のバトル物」という印象はありませんでした。どういった展開になるのかまずは1~3話で様子見したいと思います。

 

緩くありつつも、やっぱり友情・仲間の存在といったものをメインで扱う予感がします。”未知”という観点では、上記の2つのオリアニにも負けず劣らず期待している作品です!

△評価:えんどろ~

f:id:rakutenpocket2:20181228054813p:plain

原作:オリジナル

キャラクター原案:なもり(「ゆるゆり」など)

アニメーション制作:Studio五組

主な声優:赤尾ひかる、夏川椎菜、小澤亜李 など

地上波最速on-air:1月12日(土)25:00~@TOKYO MX、BS11

ネット配信:Abema TV、アニメ放題など

 

ストーリー

人々とモンスターが共存して暮らす剣と魔法の大陸「ナラル島」。そこには恐ろしい「魔王」が存在していました。

はるかはるかの大昔、ナラル島に現れた魔王を倒した初代勇者――

それからも、様々な時代で何度も何度も魔王は蘇り、同時にそれに対抗する勇者もまた現れ…。少女たちは、いつの日か出ずる魔王を倒すべく冒険者学校へ通います。

 

ちょっと抜けているけど勇者体質の、ユーシャ。

生真面目ゆえに苦労が絶えないエルフの聖者、セイラ。

食べることが大好きで明るい戦士、ファイ。

物静かなヲタク魔法使いの、メイ。

勇者パーティーを目指す4人の、いつまでたっても魔王をたおす様子のないゆる~いファンタジーライフがはじまります。

※掲載情報、画像等はTVアニメ「えんどろ〜!」公式サイトより引用。

 

一言コメント

2期連続の「なもり絵」が見られるアニメになっています!それだけでも個人的なポイントは非常に高い作品です。

シナリオとしては、どこまでも緩そうな印象です。

「魔王」と戦うような展開であれば少しばかりは戦闘があるのかな…?と思いきや、冒険者学校のお話のようで。気軽に見られる素敵な作品になることを祈っています

 

いや、もしかすると人生で大切なことを教えてくれるようなアニメなのかも?
いずれにしても楽しみです。

ぱっと見のキャラ紹介、キャラ絵を見る限りではファイが一番のお気に入りです。

△評価:魔法少女特殊戦あすか

f:id:rakutenpocket2:20181228060731p:plain

原作:深見 真・刻夜セイゴ(月刊「ビッグガンガン」連載)

監督:山本秀世(「ストライク・ザ・ブラッド」など)

アニメーション制作:ライデンフィルム

主な声優:洲崎綾、関根明良、M・A・O など

地上波最速on-air:1月11日(金)26:25~@TBS,MBS

ネット配信:Amazon Prime Video

 

ストーリー

伝説。神話・魔法――。科学の発展とともに忘れ去られた、もう一つの世界と、人類はついに邂逅を果たす。だが、その再会は幸福なものではなかった。

地冥界より侵攻する化け物は、現用兵器の多くを無効化し、人類の運命は風前の灯火と思われた。


だが同じく地冥界に苦しめられていた、精霊環境条約機構の助けにより、人類は起死回生の一手を手にする。魔法少女である。

強大な魔法を手にした少女たちは、心身に多くの傷を負いながらも、人類を勝利に導き、ついに大戦を終結させる。


しかし、それさえも、新たな戦いの始まりに過ぎなかった。国際犯罪、無差別テロ、内戦、紛争……。

魔法少女の戦いは終わらない――。

※掲載情報、画像等はTVアニメ『魔法少女特殊戦あすか』公式サイトより引用。

 

一言コメント

原作未読。いわゆる「魔法少女」もの作品で、ゆるーく進行するタイプの話ではなく重たいストーリーが展開されるようです。

上記シナリオを読み解く限り、人類にとっての希望=魔法少女、つまり魔法少女は「兵器」のような役割を担っているのかな…と。

人類と魔法少女の間のわだかまりも描かれそうな予感がします。

 

登場人物を見てみると、「魔法少女の医療・尋問・拷問担当」とかいう謎の文字が…。

なんとなくのコンセプトは読めた気がしますが、詳細な中身は実際に見てみないと分からなさそうです。

 

重たい鬱よりのストーリーが見られると思われます。視聴の際は覚悟が必要かも?

魔法少女特殊戦あすか 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)

魔法少女特殊戦あすか 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)

 

 

【追記:1話&2話の感想記事はこちらから!】

www.anime-kousatsu.com

△評価:約束のネバーランド

f:id:rakutenpocket2:20181228061853p:plain

原作:白井カイウ・出水ぽすか(「週刊少年ジャンプ」連載)

監督:神戸守(「エルフェンリート」など)

アニメーション制作:CloverWorks

主な声優:諸星すみれ、植木慎英、茅野愛衣 など

地上波最速on-air:1月10日(木)24:55~@フジテレビ

ネット配信:Amazon Prime Video

 

ストーリー

母と慕う彼女は親ではない。共に暮らす彼らは兄弟ではない。

グレイス=フィールドハウスは、親の居ない子どもたちが住むところ。血の繋がりはなくても、ママと38人の兄弟が幸せな毎日をすごす、かけがえのない家。

しかし、彼らの日常はある日突然終わりを告げた……

※掲載情報、画像等はTVアニメ「約束のネバーランド」公式サイトより引用。

 

一言コメント

原作は未読ですが、「どんなストーリーか」は友人に聞いたことがあります(あくまでも話の始まりの部分だけですが)。

そのため、シナリオを少しだけ知ってしまっているので、詳細は省略。コンセプトは面白く、アニメで「その先」が見られることが楽しみです。

 

ノイタミナ”枠での放送です。

フジテレビ的には今期の主力作品になると踏んでいるのでしょう。この枠での放送作品は、個人的にも好きなものが多いのでその面でも期待しています。

 

重たい物語になるのかと勝手に思っていましたが、ジャンプ連載の作品。シンプルに友情や勇気という観点から物語が進むと思われるので、期待して放送を待ちましょう!

約束のネバーランド 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

約束のネバーランド 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

☆評価:ケムリクサ

f:id:rakutenpocket2:20181228063238p:plain

原作:オリジナル

監督:たつき(「けものフレンズ」など)

アニメーション制作:ヤオヨロズ

主な声優:小松未可子、清都ありさ、鷲見友美ジェナ など

地上波最速on-air:1月9日(水)22:30~@TOKYO MX

ネット配信:Amazon Prime Video

 

ストーリー

(不明、判明次第追記いたします)

※掲載情報、画像等はアニメ『ケムリクサ』公式サイトより引用。

 

一言コメント

この記事を書いている時点(12/28)で、まだ詳細なシナリオが公式サイトに載っていません。これは自信の表れかそれとも…?

キャラクターも3人の姿が似ている少女しか判明していません。

視聴者の予想を思いっきり裏切るような、「怒涛の鬱展開」や「想定と全く違う展開」がある可能性が高いと思います。(放送後に1話の上映会をやるのが怪しすぎる)

 

今期は「けものフレンズ2」が放送されますが、1期では監督として作品に携わったたつき監督。奇しくも同クールでの放送となったこのオリアニ作品で、どのような物語を見せてくれるのか、非常に楽しみです。

 

【追記:1話の感想記事はこちらから!】

www.anime-kousatsu.com

ランキング外で気になる作品たち

その他で期待している作品たちを軽く紹介します。

最後までランキングに入れようか迷ったのは、「ブギーホップは笑わない」と「私に天使が舞い降りた!」の2作品です。

後者はアニメ化された百合姫作品ということで安心できそうですが、ブギーホップはシナリオが難解だという話を聞き、評価を下げました(考察が必要な話は好きなんですが、原作有り×難解ストーリーは…)。

 

それ以外には、ドメスティックな彼女、かぐや姫は告らせたい、上野さんは不器用、同居人はひざ、時々、頭のうえ。の4作品は見ようかな、と思っています。

どれも原作があることもあり、大外れはなさそうです。特に「かぐや姫は告らせたい」は前々から気になっていた作品です。

継続作品では「転スラ」が楽しみです。視聴したのはまだ8話ぐらいまでですが…。

あとはいい加減に「風強」を視聴して、次クールには追いつきたいと思っています。

 

また、文章中、何度も登場した「Amazonプライムビデオ」。30日間無料で見られ、最新アニメから過去作品まで取り扱っている動画サービスです。

「まどマギ」など有名作品や、ドラマ・映画まで。年末年始の空いている時間に、Amazonプライムビデオで過去作品を楽しむのはいかがでしょう。

2019年冬アニメ おすすめランキングまとめと来期に記事を書くアニメたち

現時点での来期のブログ更新予定は以下の通りです!

月曜更新分
エガオノダイカ

水曜(夜中)更新分
ケムリクサ

木曜更新分
リヴィジョンズ

金曜(夜中)更新分
魔法少女特殊戦あすか

日曜更新分
荒野のコトブキ飛行隊

 

ひとまずこの5作品ですが、平日更新は体力的にきついことをよく知っているので、どうなるか正直分かりません。平日放送のアニメが多いと辛いですね…。

それ以外でも、単発で「五等分の花嫁」「えんどろ~!」などの記事を書くかもしれません。

 

2018秋クールが史上最強クラスの豊作クールだったため、どうしても小粒感が否めない来クールですが、きっと盛り上がる作品もたくさんあるでしょう。

特に考察記事をあげる予定の上記4つのオリアニ作品は非常に楽しみです!

来クールのアニメ記事でお会いできることを祈って、この辺で失礼します。

 

※私情により、リヴィジョンズ・ケムリクサ・魔法少女特殊戦あすかの1話記事の更新が遅れます。

1話・2話をまとめて記事にするか、後日更新にするかは1話を見る中で決めたいと思います。よろしくお願いいたします。