アニメのおすすめなどを語るブログ

主にオリジナルアニメの感想と考察を管理人が書いて楽しんでいるブログ。皆様のコメントをどしどしお待ちしています!

2018年秋アニメ 期待のおすすめ一覧をランキングで紹介!豊作クールか?

みなさん、こんにちは。

早いもので今年の最終クールである秋アニメが発表されました。ラインナップが本当に楽しみで仕方ありません…!

というわけで、来期のアニメを個人的なランキング形式で紹介していきます!

評価方法

夏アニメ同様、競馬の印を参考に、期待アニメに印付けをしていきます。

 ・◎…2018夏アニメの本命。
 ・〇…2018夏アニメの2番手評価。
 ・▲…2018夏アニメの3番手評価。
 ・△…◎〇▲には及ばないものの、期待度が高いアニメ。
 ・☆…一発逆転がありそうなアニメ。ダークホース的存在。

2018年秋アニメ おすすめランキング!

来クールのおすすめ順は以下の通りとなっています。僕の性格上、ラノベ作品は基本的に圏外になり、オリジナルアニメが上位に食い込む仕様になっています(笑)

◎:RELEASE THE SPYCE(リリース ザ スパイス)
〇:色づく世界の明日から
▲:RErideDー刻越えのデリダー
△:やがて君になる、ひもてはうす、青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない
☆:DOUBLE DECKER!ダグ&キリル

クールが始まる前のわくわく感で言えば、最近の中では1番かもしれません。とにかく上位三作品が強すぎる。

◎評価:RELEASE THE SPYCE(リリース ザ スパイス)

f:id:rakutenpocket2:20180812211856p:plain

原作:オリジナル

原案・シリーズ構成:タカヒロ(「結城友奈は勇者である」など)

アニメーション制作:Lay-duce

主な声優:安齋由香里、沼倉愛美、洲崎 綾 など

地上波最速on-air:10月6日(土)26:38~@MBS

ネット配信:未定

ストーリー

源モモは空崎市に住む女子高生。平凡な日々を過ごしていた彼女はとある事から私設情報機関「ツキカゲ」にスカウトされる。

ツキカゲはどこの国にも属さず平和を影から守る正義のスパイ組織だった。若い女性にしか効かないが能力を上昇させる特製スパイスをはじめ数々の秘密道具、鍛え上げた心身を武器に彼女達は戦う。

素人だったモモの面倒を見るのは高校の先輩でもある半蔵門雪。ツキカゲは師弟制度があり先輩が後輩を鍛えて技術を継承していくのだ。

今、大都市である空崎には犯罪組織「モウリョウ」がその魔手を伸ばしていた。モモは自分を取り巻く家族や友人、商店街の人達を守るため、仲間たちと力をあわせて悪を討つ。

(あらすじはTVアニメ「RELEASE THE SPYCE」公式サイトより引用)

 

一言コメント

このアニメが放送されると知ったその瞬間から、楽しみで楽しみでなりませんでした。早く1話を見たい、見たすぎる…!

キャラクター原案なもりさん×シリーズ構成タカヒロさん、の時点で名作間違いなし。

ゆるゆりとつよきす・まじこいって…。素晴らしすぎる。キャラがどれもこれもかわいすぎてもう。

 

お話としては犯罪組織と戦う6人の少女を描いた物語。主人公の特技が「舐めるとその人の体調が分かること」らしいです。これはキマシ展開多数、待ったなし!

しかし、能力を増幅させる薬やら、犯罪組織やら嫌な予感がするのは私だけでしょうか。

タカヒロ原作のギャルゲーに近い作品(キャラの描きを重視する軽い作品)になるのか、はたまたアカメ・ゆゆゆのような重たい作品になるのか…。うっ…頭が。

例によって強気女子とツンデレ女子とヤンデレ女子が出るのは知ってます(笑)

 

軽い作品であろうと、重たい作品であろうとこの目で最後まで作品を見届けます。放送前ではありますがどんな人にも見てほしい、そんな作品になることを願っています

〇評価:色づく世界の明日から

f:id:rakutenpocket2:20180812214020p:plain

以下、色づく世界の明日から 公式サイトに沿って内容を紹介しています。

原作:オリジナル

監督:篠原俊哉(「凪のあすから」など)

アニメーション制作:P.A.WORKS

主な声優:石原夏織、本渡楓、東山奈央 など

地上波最速on-air:未定

ネット配信:未定

ストーリー

不明(分かり次第、追記します)

 

一言コメント

残念ながら公式HPにあらすじは未掲載でした。公開されているPVを見たんですが…これはすごい。PVの時点で心を完全に掴まれてしまいました(笑)

まずは、美しすぎる風景。篠原監督の「凪あす」といえば、家族と恋愛を描き切ったストーリーも素晴らしいですが、あの独特の風景の美しさが印象的です。

少なくとも、「色づく世界の明日から」のPVは花火に町の映像と大変美しい描写で構成されていました。PAさんですし、最後まで風景は美しいままのはず…!

 

PVを見る限り、主人公の瞳美は魔法を使える少女で、彼女が17歳の祖母に会いに行く話のようです。魔法×時間転移…。考察が少し大変な作品かもしれません。

いい意味で「映画っぽいなぁ」と感じました。もろに家族の繋がりは描かれるでしょうし、当時の青年と会話をするシーンも見られました。きっと泣けるし、心に残る。そんな作品になると思います。

最後に。タイトルがギャルゲー感満載でびっくりしましたw

▲評価:RErideDー刻越えのデリダー

f:id:rakutenpocket2:20180812220422p:plain

原作:オリジナル

監督:佐藤卓哉(「STEINS;GATE」など)

アニメーション制作:GEEKTOYS

主な声優:小野賢章、M・A・O、茜屋日海夏 など

地上波最速on-air:未定

ネット配信:ひかりTVなど

ストーリー

2050年。父の興したメーカー・リビルド社で、「自律機械DZ(ディジィ)」への開発貢献により、若くして名声を得た技術者デリダ・イヴェン(主人公)。

デリダは、あるとき同僚のネイサンと共に「DZ」の重大な欠陥に気付くが、忠告に耳を傾けない上司に腹を立て、危険と知りながら対策を先延ばしにし、ネイサンの愛娘・マージュの誕生日を祝うパーティへとむかう。

しかし、穏やかなひとときを過ごしたその翌日、デリダとネイサンは謎の部隊に襲われる。逃避行の末、冷凍睡眠装置に落ちたデリダが再び目を開けると、10年の時間が過ぎ、見渡す世界は荒廃し戦争状態になっていた!

制御を失った「DZ」の群れに襲われ、何もかもを諦めそうになったそのとき、デリダはネイサンの最期の言葉を思い出す。

「マージュを頼む」

己に降りかかった運命に戸惑いながらも、マージュを探すため、デリダは歩き出す。

再会は、“刻” を越えて- 

これは、思いが旅する物語。

TVアニメ「RErideD」公式サイトより引用)

 

一言コメント

来期はどれだけオリアニが豊作なんだ…!こちらの作品も素質十分。

監督の佐藤さんは「シュタゲ」「Fate/SN」(ディーン版)などを担当されている方です。そして、今回の作品もシュタゲ同様”時間”がキーになっている作品です。

 

もちろん、非常に面白そうな作品ではありますが、「少女を救うため時間跳躍をする」手の作品はアニメ・映画・ゲーム・ドラマで数多く存在します。

この作品ではタイムトラベルとは違う、タイムライドという言葉が登場するようです。

数えきれないほど存在する(しかも時間を超える作品は名作多数)作品に対し、どのような差別化を図っていくのかが楽しみであり、少し不安でもあります。

 

監督のインタビューを見る限りでは”理屈っぽくなく”とのことなので、難解な内容にはならなそうな気がします。

ダブルヒロインに時間軸のトリック…。掴みから視聴者をあっと驚かせるような展開を用意してくれることに期待ですね。

△評価:やがて君になる

f:id:rakutenpocket2:20180812222513p:plain

原作:仲谷鳰(「月刊コミック電撃大王」連載)

シリーズ構成・脚本:花田十輝(「宇宙よりも遠い場所」など)

アニメーション制作:TROYCA

主な声優:高田憂希、寿美菜子 など

地上波最速on-air:未定

ネット配信:未定

ストーリー

人に恋する気持ちがわからず悩みを抱える小糸侑は、中学卒業の時に仲の良い男子に告白された返事をできずにいた。

そんな折に出会った生徒会役員の七海燈子は、誰に告白されても相手のことを好きになれないという。燈子に共感を覚えた侑は自分の悩みを打ち明けるが、逆に燈子から思わぬ言葉を告げられる──

「私、君のこと好きになりそう」

TVアニメ「やがて君になる」公式サイトより引用)

 

一言コメント

前々から気になっていた百合漫画のアニメ化作品です。原作は未読。

正直、上のシナリオだけではどんな話なのか掴み切れない部分もあります。PVを見ると、幻想的な風景に描かれていたのは主人公とヒロインの2人だけ。

声優さんが決まっているのもこの2人だけ、ということを考えると「ハーレムもの」ではなく、ひたすらに2人の友情や恋愛を描いた作品になる予感です。

 

ギャグ要素はPVからは感じ取れませんでしたが…。笑って気楽に見られる作品、というよりはどこまでも2人の恋を突き詰めて描いた美しい作品が見られそうですね。

原作があるのは承知で感想記事を書いてみたい作品の1つです。

ちなみに、原作が気になった方はこちらからどうぞ!

やがて君になる(1) (電撃コミックスNEXT)

やがて君になる(1) (電撃コミックスNEXT)

 

△評価:ひもてはうす

f:id:rakutenpocket2:20180812233603p:plain

 

一言コメント

放送まであと1か月半という時期にして、公式サイトがまったく整備されていない不安感はあるものの、オリアニ&キャラデザから△評価。

せめてシナリオだけでも載っていると嬉しかったのですが…。平仮名で書いてあるけど”非モテハウス”の理解でいいのでしょうか。

公式サイト・Twitterの投稿を流し読みしてもスタッフ等もよく分からず…。

 

とりあえず主演の声優さんは洲崎綾さんのようです。

がっつりと見たいアニメが来期は多い中、癒しとなるようなアニメであることに期待です。情報が更新され次第、ブログの内容も追記します。

△評価:青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

f:id:rakutenpocket2:20180812233902p:plain

原作:鴨志田一(「電撃文庫」)

シリーズ構成・脚本:横谷昌宏(「Free!」など)

アニメーション制作:CloverWorks

主な声優:石川界人、瀬戸麻沙美、種﨑敦美 など

地上波最速on-air:ABCテレビ 10月3日(水)26:15~

ネット配信:未定

ストーリー

思春期症候群――

不安定な精神状態によって引き起こされるとネットで噂の不思議現象。梓川咲太、高校2年生。藤沢の高校に通う彼は、この年、様々な“思春期症候群”を引き起こした少女達と出会う。

たとえばそれは、図書館で出会った野生のバニーガール。彼女の正体は、高校の上級生にして活動休止中の女優、桜島麻衣先輩。魅惑的な彼女の姿は、何故か周囲の人間の目には映っていなかった

彼女はなぜ見えなくなってしまうのかー。謎の解決に乗り出した咲太は、麻衣と過ごす時間の中で、彼女の秘める想いを知り……

空と海が輝く町で心揺れる少女達との不思議な物語が始まる。

TVアニメ「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」公式サイトより引用)

 

一言コメント

タイトルで気を惹かれた作品。シナリオを見てみると…。かなり面白そう。「さくら荘のペットな彼女」の鴨志田さんが原作ということで間違いは無いですね。ラノベアニメでも是非見ておきたい作品です。

更に、アニメーション制作のCloverWorksさんはA-1 Picturesさんが元となっているブランドだそうで。PAさんと並ぶ名作量産会社なだけに、そこも期待十分です。

 

シナリオ的には、恋愛・青春をベースに不思議な概念の話が混ざるお話のようです。人間の目には映らない少女と、その少女が見える男の子。よくありそうで、実際には無い変化球のストーリーが展開されることに期待です。

ヒロインの麻衣先輩が自分好みな予感がします。そこも楽しみな点の1つです。

原作が気になった方はこちらからどうぞ!

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

 

☆評価:DOUBLE DECKER!ダグ&キリル

f:id:rakutenpocket2:20180813225707p:plain

原作:オリジナル

アニメーション制作:SUNRISE

脚本:吉田恵里香(「ヒロイン失格」など)

主な声優:三上哲、天﨑 滉平、早見沙織 など

地上波最速on-air:9月30日(日)22:30~@TOKYO MX

ネット配信:バンダイチャンネルなど

ストーリー

都市国家リスヴァレッタ。二つの太陽が昇るこの街には、人々が平穏な生活を営むその影で、犯罪や違法薬物がはびこっている。

中でも致死率の高い危険な薬物「アンセム」は街に暗い影を落としていた。SEVEN-O特殊犯捜査係──「アンセム」を専門に取り締まるこの捜査機関は、二人一組のバディで行動する捜査体制「ダブルデッカーシステム」を敷き、その対応に当たっていた。

経験豊富な捜査員ダグ・ビリンガム、そして彼の元へとやってきた実力未知数の捜査員キリル・ヴルーベリ。

飄々とした掴みどころのないベテラン刑事と、やる気だけが空回りする新米刑事。型破りな二人の刑事の物語が今はじまる

オリジナルアニメ『DOUBLE DECKER! ダグ&キリル』公式サイトより引用)

 

一言コメント

まさに「ダークホース」という言葉がぴったり似合いそうな作品。ストーリーを見る限りではハードボイルド系の作品…?

ただ、”やる気だけは空回り”する刑事ということで、ギャグ要素もありそう。ストーリーの持って行き方次第で名作にも凶作にもなりそうな作品です。

 

公式サイトの出演声優のコメントを見ても、ストーリーの全体像を把握していない声優さんもいるようで。その中でも早見さんはこの作品を「クールで笑えてちょっぴり泣ける、濃厚な物語」と語っていました。

やはりギャグが前面に出てくる作品か…?早見さんの言うような「笑って泣けるような作品」が見られることに期待です。

ランキング外で気になる作品

続き物で非常に良作が多いクールとなりそうです。

東京喰種は、ようやく1期を見終えました。金木が覚醒し非常に先が気になる展開でしたが…。その先をまだ見ることができていなく、10月までに2期・3期と見終えられるかは非常に微妙なので、ランク外としました。

その他にも「とある」の最新作も放映されます。シリーズ好きにはたまらないでしょう。

 

初物として気になっているのは「風が強く吹いている」と「寄宿学校のジュリエット」の2作品です。前者は超有名小説が原作で、後者はマガジンの漫画が原作です。手が回るか分かりませんが、この2作品は是非見たいですね。

その他にも、懐かしい「からくりサーカス」やゲームが原作の「ソラとウミのアイダ」なども良作の予感。特に、「からくりサーカス」は自分が小学生時代にサンデーを読んでいた際に掲載されていた漫画なのでとても懐かしいです。

新作も続き物も、とにかく良作・名作候補で溢れている来クール。本当に楽しみでなりません!

 

また、多くのアニメを見るのであれば動画サイトも目が離せません。無料トライアラルを実施しているauのビデオパスとhuluはお試しで使ってみても損はないですよ~。

2018年秋アニメ 感想・考察を書く予定の作品とおわりに

とりあえずのところ来期で感想&考察を書く予定の作品は

・RELEASE THE SPYCE(リリース ザ スパイス)
・色づく世界の明日から
・RErideDー刻越えのデリダー
・やがて君になる

の4作品です。何度も書いているように、リリースザスパイスが特に楽しみです。RErideDがこけた場合、”青春ブタ野郎~”か”ひもてはうす”の記事を書くことも検討しています。

 

オリアニが多い=考察が捗るため、アニメの視聴同様早く感想記事が書けることも楽しみにしています。10月よ、早く来いっ!

それでは、この辺で。